お知らせ

LTCパートナーズからのお知らせ一覧

2020年ここが変わる年末調整!

LINE記事第一弾!

今年の年末調整から給与所得控除額が変わり
ひよっとすると増税になるって本当ですか?

→はい、ご年収によっては増税になります。
そもそも・・・給与所得控除とは?

給与所得の金額は給与等の収入金額から給与所得控除額を差し引いて算出しますがこの給与所得控除額は、給与等の収入金額に応じて、次のようになります。

給与等の収入金額
(給与所得の源泉徴収票の支払金額) 給与所得控除額
1,625,000円まで 550,000円
1,625,001円から 1,800,000円まで     収入金額×40%-100,000円
1,800,001円から 3,600,000円まで     収入金額×30%+80,000円
3,600,001円から 6,600,000円まで     収入金額×20%+440,000円
6,600,001円から 8,500,000円まで     収入金額×10%+1,100,000円
8,500,001円以上             1,950,000円(上限)
(国税庁のHPから抜粋)

こちらはつまり年収(給与収入)から上図の公式に当てはめた金額を収入から控除できるという制度になります。

例えば、年収が800万円の方は自営業者に置き換えると売上800万円になります。
自営業の方はここから売上を上げるために使った資金を必要経費として計上することができます。例えば必要経費が200万円とした場合売上800万円-必要経費200万円で600万円が利益となります。
この利益に対して税金が課税されます。

給与所得者の場合売上ー経費に当てはめますと経費の概念がありませんのでこの経費に当たるものが給与所得控除になります。

まとめますと
売上(給与収入)
必要経費(給与所得控除)
利益(給与所得)
となります。

そして2020年から給与所得の計算方法が変更されます。
結果、ご年収850万円以上の方は増税になります。

2019年まではご年収850万円の方の給与所得控除は220万円でした。

自営業に置き換えますと
売上850万円
必要経費220万円
利益630万円となります。
630万円に対して課税になります。

2020年からは
年収(売上850万円)
給与所得控除(必要経費)195万円
利益655万円
となります。

前年と比べますと…
利益630万円に対しまして今回は655万円となります。
25万円利益が増えるということになります。
給与所得控除が下がれば、利益(手取り)が増えます。
利益(手取り)に課税されますので増税になります。

そしてこの利益を合法的に減らすすべは不動産が非常に有効になります。次回はなぜ不動産が有効なのかご説明させて頂きます。